東京矯正歯科学会大会✏️

こんにちは👋😃

さて、先日「東京矯正歯科学会大会」が有楽町の朝日ホールで開催されたので、参加して来ました。

特別公演は、アメリカでの矯正治療の未来についての話だったのですが、アメリカでは現在、矯正認定医ではない歯科医師による矯正治療が大変問題になっているとのことでした。この問題は日本でも起きています!

矯正治療についてしっかりと知識や技術を学ぶには、歯科大学を卒業後に大学病院の矯正科や矯正専門医院に勤務し、少なくとも6~7年かけて勉強していきます。矯正治療自体が治療期間がかかるため、1人の患者さんを終了するまでにはそのくらいの年数が必要になります。

ですが、法律では認定医や専門医でなくても矯正治療をしていいことになってますので、患者さんは先生が矯正治療の専門医なのかそうでないのかを見極めるのは非常に難しいのが現状です。

そこで、判断基準の1つとして「日本矯正歯科学会の認定医」を取得していることが挙げられます。

認定医とは日本矯正歯科学会の認定する資格の厳しい基準をクリアした人に与えられるものです。

その基準は厳しく、学会が認めた大学の附属病院や矯正歯科医療機関において、5年以上の矯正臨床経験が必要です。さらに、学術誌に論文を発表し、その後症例を学会認定医委員会の審査に提出し、口頭試問に合格して初めて取得することができます。

なお、現在、認定医は全国でわずか3000人。矯正治療をおこなう歯科医師全体の約3%しかいません。

おざき矯正歯科のドクターは二人とも日本矯正歯科学会の認定医を取得しております。

ちょっと堅苦しい話でしたが、矯正治療をお考えの方の参考になれば幸いです。

下丸子、武蔵新田、鵜の木、矢口、千鳥町、池上、久が原、多摩川、大田区の歯並び・咬み合わせ・歯列矯正のことなら、おざき矯正歯科にお任せ下さい!!矯正治療の専門医ですので、小児矯正、表側矯正、マウスピース型矯正装置(インビザライン®️)、裏側矯正など幅広い治療が可能です!あなたも、質の高い矯正歯科治療で、素敵な笑顔と健康的な噛み合わせを手に入れてみませんか?歯並び・咬み合わせが気になる方、お悩みの方はどうぞお気軽にご連絡下さい。ご相談は無料です😌